スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5万円のひとり旅

5万円の予算で国内旅行を考えている。
バックパックを背負った、ぶらり途中下車の旅。

地図を見ない。
パソコンも見ない。
アタマにある映像と文言(もんごん)で
各地を空想、素通りしている。
すでに日本一周をしているので、
蓄積された映像は意外と多い。
加えて、TV,ネットからの映像は新鮮なまま。
が、文言、文章はありきたりのものしかない。。
 長いトンネルを抜けると雪国だった
僕のなかで、新潟は今も雪国だし、走る列車は蒸気機関車だ。
そんんなふうにイメージだけで全国を駆け巡っている。

心惹かれるのは、四国と日本海東北だ。
今回はクルマがないので、宿の利用になる。
本決まりではないが、その気になりかけている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

  
スポンサーサイト

人口減少カレンダー

体調に変化はない。
いつも通りの毎日だ。
しかし、ブログに新しく記事を書くという
作業に取り組めなかった。
ブログに記事を書く、書かないは
気分が前向きか、後ろ向きかという事だ。
脳がフレッシュか、ドヨヨンかともいえる。
5日ぶりによみがえった。
暑さに慣れて来たのか。

公報でこんな記事を見つけた。著者 河合雅司
人口減少カレンダー
2018 18歳人口が大きく減り始める。やがて国立大学も倒産の懸念
2022 団塊世代が75歳に突入し、「ひとり暮らし社会」が本格化し始める
2024 団塊世代がすべて75歳以上となり、社会保障費が大きく膨らみ始める
2025 東京都の人口が1398万人とピークを迎える
2033 空き家が2167万戸を数え、3戸に1戸は人が住まなくなる
2035 男性の3人に1人、女性は5人に1人が生涯未婚という「未婚大国」になる
2042 高齢者数が3935万2000人とピークを迎える
2050 現在の居住地域の20%が「誰も住まない土地」となる
2053 総人口が9924万人となり、1億人を割り込む
2056 生産年齢人口が4983万6000人となり、5000万人を割り込む

この記事の中で、「2053年 総人口が1憶人を割り込む」というのが
最も印象に残った。
参考までに、1憶人突破したのは51年前。
  1967年7月10日付 讀賣新聞社説
  「政府の推計によると、わが国の人口は、
  この七月中に一億人を突破するという。」
  同年7月31日付 サンケイ新聞 産経新聞社説
  「日本の人口は七月でついに一億を突破した。」
  別に、「日本の人口は早くて7月20日遅くとも8月13日
  ごろまでには一億人を突破するという」

このあたりの記憶はしっかりある。
勉強はしないが新聞だけはしっかり読む中学生でした。
人口爆発をどうする!
あれも足りん、これも足りん。
セイフはー、ジミントーはー、、
同時に世界人口の爆発も問題にしていた。
当時は世界人口が30億人だった。(今 76憶人)

世界人口は相変わらず増え続けている。
豊かな国は人が減り続けているが、
そうでない国はガンガン人が増えている。
現在のアフガニスタンの人口爆発、スゴイですよ。
その辺はどうでもいいけど、、

2050 現在の居住地域の20%が「誰も住まない土地」となる
2053 総人口が9924万人となり、1億人を割り込む
こうなると、たき火がしやすくなる。
生まれるのが少し早かった気がする。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

パソコンのブーンがヤカマシイ

最近パソコンの扇風機(ファン)が大忙しでうるさい。
ブーンと頭が痛くなる。
使っているのはデスクトップ型パソコン。
PC本体だけ買おうと思っていろいろ探してた。

そんななかで、はっと気づいた。
ノートパソコンを持っているではないか。
 外泊するとき、暇つぶし用に買ったけど
 ここ数カ月、まったく使ってない。
 クルマを捨てたので、持ち運びが重い。
 接続料は月に約5000円。
 まったくの無駄使い。

そのノートパソコンと
今、使っている大画面(ディスプレイ)は、つながるはずだ。
調べると、超簡単。
つなぐ線がいっぽん、あれば良し。
 HDMIケーブルという線だ。
あれこれ調べて、なんとなく理解した。
明日、買いに行こう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

歌手のキャンペーン舞台裏

小学生の頃家に帰る途中、
歌手のキャンペーン、ドサ回り
出会ったことがある。
各駅停車しか止らない田舎町に住んでいた。
家に帰るとき電気屋さんの前を通る。
その電気屋さんの前に
白い着物姿の若い女のひとが立っていた。
「何をしているんだろう?」
遠目には理解できなかった。
近づくにつれて、マイクを持っているのが分かった。
そこでピーンときた。
キャンペーンとかドサ回りなんて言葉はまだ知らなかった。
しかし、
「売れない歌手が宣伝に来ている」、、ことは直ぐ理解できた。
まわりに誰もいない。女のひとが一人だけ。
「見てはいけないものを見てしまった」と思った。
なんでもない諷をしているけど、
女のひとのココロが分かるのです。
ひとりぼっちのキモチは痛いほど分かる。

僕は見ていないのですが、
映画「男はつらいよ」で売れない演歌歌手を
小林幸子が演じ、つらいキャンペーンのシーン
があるそうです。
映画のシーンと僕がみた光景は
おそらく、重なるのではないでしょうか。

白い着物姿のひとはマイクを持って歌い始めました。
誰もいません。
とても悲しい風景です。

「目を合わせてはイケナイ」と思いました。
もし、目と目が合って
『オネガイ!』って、目で助けを求められても
ぼくには何もできません。
可哀そうなのと、手助けできない自分に
いたたまれなくなりました。
歌手の目の前を通っては失礼なので
避けるように遠回りして家に帰りました。
とても悲しい思い出です。
今でも悲しいです。



今日の朝、
歌手のキャンペーン舞台裏】を読んでいて
ず~と昔の、悲しい光景を思い出した。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

京都慕情を歌う人の傾向

久しぶりのお日さま。
太陽じゃない!
お日様、おテントウさまです。
日常会話で「おテントウさま」って使ったことないけど、、

きのうから、グーグルマップで各地の川を見ている。
ローカル路線バス乗り継ぎの旅を繰り返し見てるので
地方都市が少しだけ分かるようになった。
特定の回だけではないです。
全編を繰り返し見てます。
大切なことなのでもう一度いいます。
全編を繰り返し見てます。
好きなんです。

グーグルマップを見て、京都の渡月橋(とげつきょう)と、
桂(かつら)川が結びついた。

渡月橋は動画で頻繁に見る。
近くに嵐山があり、モンキーパークもある。
しかし、そばを流れる川が何という名か知らなかった。

桂川は渚ゆう子の京都慕情で知っていた。
  遠い日は二度と帰らない
  夕やみの桂川

参) 京都慕情を歌う人の傾向 JOYSOUND


京都といえば、桂川。
しかし、私の知識はそこで終わっていた。
きのう、桂川と渡月橋がひとつになった。

桂川をズンズン下流(大阪湾の方)にいくと
突然、呼び名が淀川になる事も知った。
これは、チョット驚きだった。
最後まで桂川だと思っていたから。

それと、グーグルマップに誤りを見つけた。
大阪湾の淀川が桂川になる。
そして桂川は、桂川と鴨(かも)川に分かれる。
 (名神高速道路の2Km下(南)のあたり)
地図の左も桂川。
右も桂川。←これは桂川ではなく鴨川です

わたし同様、ヒマなひとがいます。
鴨川がどこで終わるか実地に調べています。
このカタは「この先行ったことないから、行ったろ~」
という単純な動機です。
そして鴨川の終点の標識を発見する。
わたしは、鴨川の終点をネットで捜すうち、このカタの
ブログを発見。地図も写真もついている。

グーグルは、やっぱり間違えてる。

やったね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。